曽根圭介さんの名作ホラー『鼻』『熱帯夜』をおすすめしたい

f:id:anpo1012:20170316103817j:plain

後味が悪い話がお好きな方にぜひオススメしたいのが、曽根圭介(そねけいすけ)さんのおすすめ名作ホラー短編集『鼻』と『熱帯夜』である。

今回は『鼻』に収録されている『暴落』『受難』『鼻』の3編のあらすじをご紹介させていただきたい。

いずれの物語も「後味が悪い」というだけでなく、世界観の構築と展開がホントに面白い。

3編ともが〈名作〉と言えるクオリティなのである。

最高だね!

1.『暴落』

f:id:anpo1012:20170315183715j:plain

この世界では、人間の価値と評価が全て「株」によって決められている。

良い行いをすれば自分の「株」は上がり、悪い行いをすれば自分の「株」は下がる。

もちろん悪い人物を付き合えば自分の株は下がり、知り合いが犯罪を犯せば、その人物と知り合いというだけで自分の株が下がる。

この世界では自分の「株」が全てなのである。

そんな株に支配された世界で、一流企業に勤める〈エリート圏〉の主人公は、フリーターの兄が原因で自分の株が下がっていることに気がつく。

そんな兄と縁を切るため、自分が持っている兄の株を全部売ることにした主人公。そうすれば、兄とは兄弟ではなくなるので、自分の株が下がることは無くなるというわけだ。

しかし、そのことをきっかけに〈エリート圏〉の主人公の大暴落劇が始まるのであった。

最高の転落劇

この世界では株が大暴落して〈不審者圏〉に落ちてしまうと、ほとんど人間として扱われなくなる。

このお話では、主人公が病院のベッドで〈エリート圏〉から〈不審者圏〉へ落ちていった出来事を語っていく、というスタイルなのだが……。

まさかあんなオチが待っていようとは。後味、悪し。

2.『受難』

f:id:anpo1012:20170315183735j:plain

ビルとビルの間の狭い通路に、手錠で拘束された男の話。

俺がいるのは、都市に無数にある空間、薄暗くてかび臭い、ビルとビルの間だ。

どのビルも壁はコンクリートがむき出しで、地面は簡易舗装すらされていない。壁際には側溝が走り、異様な色をした水が、ゆっくりと流れていた。

周囲には段ボール、錆びた自転車、壊れたテレビなどが散乱している。粗大ゴミや資源ゴミの、不法投棄場になっているらしい。

109ページより

気がついたらこんな場所にいた。なんでこんな事になったか全く思い出せないのだ。

手錠は固くちぎれそうもない。携帯も財布もない。

しかし20メートルくらい先には、出入りのためと思われる鉄扉がある。その向こうは大通のようで、車の行き交う音が聞こえていている。

どうやら近くに人はいるようである。

だが二日経っても誰にも気づかれず、喉はカラカラ。

もはやドブの水を飲むしかないのか……と思ったその時。

鉄扉が空いたのである。

そこに立っていたのはOL風の女性。ビックリした顔をしている。

これで助かった!警察を呼んでくれ!と頼む主人公。

しかし、事態は思いもよらぬ展開へと転がっていく。

3.『鼻』

f:id:anpo1012:20170315183754j:plain

さて、表題作の『鼻』である。

この世界の人々は〈ブタ〉と〈テング〉の二種類の人種に差別されている。 〈テング〉の人々は〈ブタ〉から酷い仕打ちを受けていて、まともに生活することもできない状況にある。

そんな世界で医者を務める”私”は、〈テング〉の親子と出会い「転換手術をしてほしい」と助けを求められる。

しかし、この世界で転換手術をするのは完全な違法である。

なので”私”はその頼みを断ったものの、どうしてもその親子が気になってしまい……。

というあらすじ。

二つの物語が絡み合う

そしてこのお話ではもう一つ、とある事件を追う刑事の物語が語られていく。

つまり「医師の”私”」と「刑事」の二つの話が交互に展開されていくのだが、やがてこの二つの物語は奇妙に繋がっていく。

そしてラストにまさかの展開が待ち受けているのだ。

この『鼻』は、怖いというより「やってくれたな!」という後味の作品である。

話の展開が実にお上手であり、グイグイ読まされた後に頭をガツン!とやられる感じが最高なのだ。


『鼻』の次は『熱帯夜』で決まり。

もし『鼻』を読んでいただいて「曽根さんめっちゃ面白いやん!(゚∀゚*)」と思っていただけたなら、『熱帯夜』という短編集も続けて読んでみよう。

『熱帯夜』『あげくの果て』『最後の言い訳』の3編からなる短編集であり、これもまた素晴らしい面白さを誇る。

ブラックユーモアがたっぷり詰まった曽根ワールドを存分に堪能していただきたい。

・こちらもオススメ。

www.anpolog.com

www.anpolog.com

www.anpolog.com