国内ミステリー小説

島田荘司『御手洗潔シリーズ』の読む順番とオススメについての話

さて、島田荘司さんの『御手洗潔シリーズ』であるが、これは必ず順番に読まなければならない。 順番に読むのとそうでないのでは、面白さが段違いなのだ。 途中から読んでしまうと、「ああ!最初から順番に読んでいればよかった!」と後悔することになる。 そ…

『密室』が凄いおすすめミステリー小説30選

『密室トリック』が凄い、のではなく、『密室』が凄い、という所がポイント。 『密室』はもはや推理小説に欠かせない要素であり、密室殺人を扱った面白い作品を挙げていったら、正直キリがない。 そこで今回は、数多くある「密室を扱ったミステリー小説」の…

『7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー』が期待通りの神アンソロジーだったので興奮している

新本格30周年記念ということで、とんでもないアンソロジーが登場してしまった。 なんと、 麻耶雄嵩さん 山口雅也さん 我孫子武丸さん 有栖川有栖さん 法月綸太郎さん 歌野晶午さん 綾辻行人さん という7人のレジェンドな作家さんによる、〈名探偵〉をテーマ…

綾辻行人『十角館の殺人 限定愛蔵版』を買うべきたった1つの理由

綾辻行人さんの『十角館の殺人 限定愛蔵版』が先日発売したわけだが、とにかく最高の一冊だった。 まず『十角館の殺人』がどれほどに素晴らしい作品か語り尽くしたいところではあるが、そんなことをしたら途方もない時間がかかってしまうので、今回は割愛す…

有栖川有栖さんのおすすめミステリー小説7選を語らせて

というわけで、本格ミステリ好きなら誰もが読んでいる有栖川有栖さんのオススメ作品である。 江神二郎を探偵役とした「学生アリスシリーズ」や、火村英夫を探偵役とした「作家アリスシリーズ」などが有名であるが、 どちらにしてもエラリー・クイーンさなが…

島田荘司『名探偵傑作短篇集 御手洗潔篇』登場!新本格30周年記念は伊達じゃない

まずは新本格ミステリ30周年記念オメデトウ! ということで、島田荘司さん、法月綸太郎さん、有栖川有栖さん、という巨匠達が生んだ名探偵の傑作短編集が3冊同時刊行した。 嬉しさの極みである。 もう一度言おう。 嬉しさの極みである。 そこで今回は、島田…

青春ミステリ『消失グラデーション』のどんでん返しは一度味わってみるべきだろう

『消失グラデーション』は作家・長沢樹(ながさわいつき)さんによる「樋口真由“消失”シリーズ」の一作目。 とある高校のバスケ部員たちを中心としたミステリー小説であり、彼らが抱える苦味を描いた青春小説でもある。 加えて非常に「どんでん返し」が強烈…

横溝正史『金田一耕助シリーズ』のおすすめランキングベスト7

横溝正史さんの金田一耕助シリーズ(長編)は全て読んだが、このおすすめ7作品は簡単に決まってしまった。何度読んでみても、この7作品は他のシリーズ作品に比べて頭一つ抜けているのである。 一応私的なランキングをつけてみたものの、ほとんど差はないくら…

挑戦せよ。「読者への挑戦状」がある名作ミステリー小説おすすめ12選

読者への挑戦状とは、著者が読者に対し「これまでに全ての手がかりを提示した。なので真相を当ててみよ」と挑戦してくることである。 これがとーっても楽しいのだ。 読者への挑戦状が仕込まれたミステリー小説は数多く存在するが、今回はその中でも「特に面…

学生アリスシリーズの読む順番とあらすじ(長編)-有栖川有栖

学生アリスシリーズとは、英都大学の「英都大学推理小説研究会(EMC)」の部長・江神二郎を探偵役とした、作家・有栖川有栖さんを代表するミステリシリーズ。今回はその長編『月光ゲーム』『孤島パズル』『双頭の悪魔』『女王国の城』の四作品を簡単にご紹介…

辻村深月さんの最初に読むべきおすすめ作品と読む順番を語っていくよ

辻村深月(つじむらみづき)さんのオススメ作品は「全部」と言っても良いくらいだが、その中でもとりあえずこの作品だけは優先的に読むべき、という作品が存在する。 それが、これからご紹介させていただく作品たちである。 そして辻村作品には「読む順番」…

【すべてがFになる】森博嗣「S&Mシリーズ」の順番やあらすじを語りたい

「S&Mシリーズ」とは森博嗣(もりひろし)さんのミステリシリーズの一つ。 一作目の『すべてがFになる』は、数多く存在する国内ミステリの中でもトップクラスの名作である。 主要人物となるのは、N大学工学部建築学科助教授・犀川創平(さいかわそうへい)…

赤川次郎さんのおすすめミステリー小説10作品-迷ったらコレから読もう

赤川次郎さんのおすすめミステリを10作品に厳選しようとしていたら、はじめは20作品を超えてしまった。 それほど面白い作品が多いのである。そこから10作品までに絞り込むのは至難の技であった。この記事を書くより時間がかかったし、疲れた。 しかしそのお…

アガサ・クリスティ『そして誰もいなくなった』のオマージュ作品をおすすめさせてほしい

アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』が大好きだ。そしてそのオマージュ作品も大好きだ。というわけで、今回は『そして誰もいなくなった』を意識して書かれた日本のミステリー小説をご紹介させてほしい。どれも『そして誰もいなくなった』好きに…

歌野晶午さんのおすすめミステリー小説6選+1作品

『葉桜の季節に君を想うということ』で有名な歌野晶午さんのおすすめミステリー小説のご紹介。歌野晶午さんの作品をあまり読んだ事がない、という方はぜひこの中から選んでいただければ幸いです。

【特殊ミステリ】井上夢人さんのおすすめ作品を5作品だけご紹介させて

井上夢人さんとは、『99%の誘拐』や『クラインの壺』といった名作で有名な「岡嶋 二人(おかじま ふたり)」さんのうちの一人。 岡嶋二人というのは、井上泉さん(井上夢人さんの本名)と徳山諄一さんのコンビのペンネームなのである。 『クラインの壺』を最…

まずはコレ。倉知淳さんのおすすめ小説を3つに厳選したよ

猫丸先輩シリーズや『星降り山荘の殺人』で有名な、倉知淳さんのおすすめ作品をご紹介です。ミステリ好きなら絶対にこれだけは読んでほしい!という3作品を選びました。

津原泰水さんのおすすめ小説4選。怪奇幻想小説がお好きならぜひ読みましょう

津原泰水さんのおすすめ小説を4作品に厳選しました。「怪奇」「奇妙」「幻想小説」などのキーワードがお好きであれば、ぜひ津原泰水さんの作品を読むことをおすすめします。

今邑彩さんのおすすめミステリを6作品だけご紹介するよ

今邑彩さんのおすすめ作品をご紹介させていただきます。最高傑作と名高い『金雀枝荘の殺人』をはじめとした、本当に面白いミステリを選びました。ホラーとミステリの奇妙な融合をお楽しみください。

鮎川哲也さんのおすすめ小説3選。まずはこれから読みましょう

鮎川哲也さんのおすすめ作品『黒いトランク』『リラ荘殺人事件』『五つの時計―鮎川哲也短編傑作集』を簡単にご紹介させていただきます。鮎川哲也さんの作品を読んだことがない方は、まずはこの3作品から読むことを強くおすすめいたします。

叙述トリックの名手。折原一さんのおすすめ小説8選を語りたい

折原一さんのおすすめミステリー小説をご紹介させていただきます。「叙述トリックの名手」と言われるだけあり、作品の多くには叙述トリックが使用されています。しかし、それがわかっていても騙されてしまうのが折原一さんのすごい所。ぜひ折原ワールドに翻…

【氷菓】米澤穂信さんのおすすめミステリー小説10選を語りたい

『氷菓』『満願』などで有名な米澤穂信さんのおすすめミステリー小説を10作品ご紹介させていただきます。ランキングではありません。ファンタジー、本格、青春、ダークと様々なジャンルのミステリが楽しめるのが魅力。まだ米澤穂信さんの作品を読んだことが…

『マリオネットの罠』は赤川次郎さんの最高傑作でよろしいか-感想あらすじ

『マリオネットの罠』は、三毛猫ホームズシリーズなどで知られる作家・赤川次郎さんの処女長編ミステリーである。 本当に数多くの作品を書かれているが、『マリオネットの罠』こそが最高傑作!という方も多い。 実際、わたしもそう思っている(正確に言えば『…

ホラーミステリの傑作「刀城言耶シリーズ」の読む順番とかあらすじを語りたい

刀城言耶シリーズとは、ホラーとミステリーが見事な融合を果たす三津田信三さんによるミステリシリーズ。 怪奇幻想作家・刀城言耶(とうじょうげんや)が、行く先々で起こる奇怪な事件を解決していく、というものである。 ポイントは、ホラー風のミステリでも…

静けさと狂気。赤川次郎『黒い森の記憶』はサスペンス小説の傑作である

赤川次郎さんの最高傑作といえば『マリオネットの罠』だ!という声も多いだろう。確かに私もそう思う。 しかし、この『黒い森の記憶』という作品も決して忘れてはいけない。 赤川次郎さんの最高傑作は?と聞かれたら、私は『マリオネットの罠』か『黒い森の…

綾辻行人未収録作品集『人間じゃない』が発売-『人形館の殺人』の後日譚もある贅沢な一冊。

綾辻行人さんの『人間じゃない 綾辻行人未収録作品集』が発売された! タイトルの通り、綾辻さんの単行本未収録作品が5編収められた作品集となっている。つまり綾辻さん好きにはたまらない作品ってわけだ。 早速ではあるが、収められている五作品がどんなも…

「覆面作家シリーズ」のお嬢様・千秋のキャラクターはやはり逸材-『覆面作家は二人いる』

著者の北村薫(きたむらかおる)さんといえば「円紫さんシリーズ」というミステリ作品でおなじみだが、こちらの「覆面作家シリーズ」もぜひおすすめしたい。 「円紫さんシリーズ」と同じく〈日常の謎〉をメインとしたシリーズなのだが、登場するキャラクターた…

ゲーム三部作『囲碁殺人事件』-天才囲碁棋士・牧場智久の初登場作品を読もう

2017年「このミステリーがすごい!」で見事一位となった竹本健治さんの『涙香迷宮』。 その探偵役であるIQ208の天才囲碁棋士・牧場智久(まきばともひさ)の初登場作品こそ、この『囲碁殺人事件』である。 その後『将棋殺人事件』『トランプ殺人事件』と発売さ…

心理の密室。高木彬光『刺青殺人事件』は今なお色褪せぬ古典名作ミステリー

『刺青殺人事件』は高木彬光さんによる名作ミステリ。「神津恭介シリーズ」の第1作目である。 今シリーズの探偵役・神津恭介(かみづきょうすけ)は、江戸川乱歩の「明智小五郎」、横溝正史の「金田一耕助」とならび《日本三大名探偵》と呼ばれる一人。 他の…