ファンタジー小説

辻村深月さんの『かがみの孤城』が『スロウハイツの神様』並みの傑作だった

辻村深月さんの『かがみの孤城』のあらすじや感想をご紹介。はっきり言って傑作だった。初めて『スロウハイツの神様』という作品を読んで、わたしは辻村深月さんのファンになった。その思い入れのある傑作を『かがみの孤城』は越えようとしている。大事件だ。

津原泰水さんのおすすめ小説4選。怪奇幻想小説がお好きならぜひ読みましょう

津原泰水さんのおすすめ小説を4作品に厳選しました。「怪奇」「奇妙」「幻想小説」などのキーワードがお好きであれば、ぜひ津原泰水さんの作品を読むことをおすすめします。

あなたは本当に本を愛しているのか?本の存在を考えさせられる『本を守ろうとする猫の話』

夏川草介(なつかわそうすけ)さんといえば『神様のカルテ』というシリーズ小説で有名な作家さんである。 先日、そんな夏川さんの新刊『本を守ろうとする猫の話』が発売された。 もう表紙の雰囲気からツボである。私の好きな「猫」と「本」が一緒になっている…