島田荘司『名探偵傑作短篇集 御手洗潔篇』登場!新本格30周年記念は伊達じゃない

まずは新本格ミステリ30周年記念オメデトウ! ということで、島田荘司さん、法月綸太郎さん、有栖川有栖さん、という巨匠達が生んだ名探偵の傑作短編集が3冊同時刊行した。 嬉しさの極みである。 もう一度言おう。 嬉しさの極みである。 そこで今回は、島田…

異常性の極み。飴村行『粘膜シリーズ』の読む順番とかあらすじとか語ったり

初めて『粘膜人間』を読んだとき、飴村行さんは一体なぜこんなものを書いたのか?と疑問に思ったし、一体どのような人間がこの作品を喜んで読むのだろう、とも思った。 しかし読み終わった時の私は完全に「粘膜シリーズ」の虜になっており、狂おしいほどに飴…

筋トレのメリット全部入り。筋トレが続かない人が読むべき本『筋トレが最強のソリューションである』

筋トレとプロテインでこの世の99%の問題は解決します。本当です。 「はじめに」より引用 いきなり何を言っているんだ?と思ったが、どうやら著者は本当にそう思っているようだ。 どう考えても、筋トレとプロテインで私が抱える問題が解決するはずがない。 し…

三津田信三さんのおすすめホラー小説を7作品だけ紹介させてほしい

日本を代表するホラー作家の一人、三津田信三(みつだしんぞう)さんのおすすめホラー小説をズバっとご紹介させていただきたい。三津田さんの作品を読まずしてホラー小説は語れない、というほどに面白い&怖いのでこの機会にぜひ読んでみてほしい。

難しい!と思った歴史的名著やビジネス書は「漫画版」をオススメする理由

誰もがおすすめする有名なビジネス書といえば何が思い浮かぶだろう。 ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』か。 スティーブン・R・コヴィーの『七つの習慣』か。 D・カーネギーの『道は開ける』か。 ちょぼらうにょぽみ氏の『あいまいみー』か。 これらの…

近視は病気?『はたらく人の目の強化書』で疲れ目を解消し「疲れにくい目」にする

最初はよくある「目の疲れをとる本」だと思ったが、読んでみると一味も二味も違うことがすぐにわかった。 本書の最終目的は、目の疲れを解消する事はもちろん「疲れない目と脳を作る」ことだという。 私はブログを書いていて「あー集中できてないなー」「な…

読書に集中できない時にすべき11の行動

①読みたくて買った本だったのに、いざ読み始めたら全く集中できない。 ②読書中になぜか他のことを考えてしまう。 ③気がつけば文字だけ追っていて、全く内容が頭に入っていなかった。結局同じページを何回も読み直す。 このような経験がある方も多いのではな…

青春ミステリ『消失グラデーション』のどんでん返しは一度味わってみるべきだろう

『消失グラデーション』は作家・長沢樹(ながさわいつき)さんによる「樋口真由“消失”シリーズ」の一作目。 とある高校のバスケ部員たちを中心としたミステリー小説であり、彼らが抱える苦味を描いた青春小説でもある。 加えて非常に「どんでん返し」が強烈…

横溝正史『金田一耕助シリーズ』のおすすめランキングベスト7

横溝正史さんの金田一耕助シリーズ(長編)は全て読んだが、このおすすめ7作品は簡単に決まってしまった。何度読んでみても、この7作品は他のシリーズ作品に比べて頭一つ抜けているのである。 一応私的なランキングをつけてみたものの、ほとんど差はないくら…

ヴァン・ダインのまず読むべきオススメ作品を四つだけご紹介するよ

『僧正殺人事件』や『グリーン家殺人事件』で知られるヴァン・ダインのオススメ作品をご紹介。クリスティーやカー、クイーンと並び、本格ミステリの黄金時代を代表する作家の一人、ヴァン・ダイン。英国ミステリーが圧倒的に評されている最中に登場し、一躍…

エラリー・クイーンはコレを読め!おすすめ4大傑作をご紹介したい

エラリー・クイーンのおすすめ作品をご紹介。エラリー・クイーンは1932年に『エジプト十字架の謎』『ギリシャ棺の謎』『Xの悲劇』『Yの悲劇』の四作品を発表した。つまり、一年間に傑作を四連発したのである。というわけでエラリー・クイーン作品を読むなら…

挑戦せよ。「読者への挑戦状」がある名作ミステリー小説おすすめ12選

読者への挑戦状とは、著者が読者に対し「これまでに全ての手がかりを提示した。なので真相を当ててみよ」と挑戦してくることである。 これがとーっても楽しいのだ。 読者への挑戦状が仕込まれたミステリー小説は数多く存在するが、今回はその中でも「特に面…

学生アリスシリーズの読む順番とあらすじ(長編)-有栖川有栖

学生アリスシリーズとは、英都大学の「英都大学推理小説研究会(EMC)」の部長・江神二郎を探偵役とした、作家・有栖川有栖さんを代表するミステリシリーズ。今回はその長編『月光ゲーム』『孤島パズル』『双頭の悪魔』『女王国の城』の四作品を簡単にご紹介…

辻村深月さんの最初に読むべきおすすめ作品と読む順番を語っていくよ

辻村深月(つじむらみづき)さんのオススメ作品は「全部」と言っても良いくらいだが、その中でもとりあえずこの作品だけは優先的に読むべき、という作品が存在する。 それが、これからご紹介させていただく作品たちである。 そして辻村作品には「読む順番」…

辻村深月さんの『かがみの孤城』が『スロウハイツの神様』並みの傑作だった

辻村深月さんの『かがみの孤城』のあらすじや感想をご紹介。はっきり言って傑作だった。初めて『スロウハイツの神様』という作品を読んで、わたしは辻村深月さんのファンになった。その思い入れのある傑作を『かがみの孤城』は越えようとしている。大事件だ。

【すべてがFになる】森博嗣「S&Mシリーズ」の順番やあらすじを語りたい

「S&Mシリーズ」とは森博嗣(もりひろし)さんのミステリシリーズの一つ。 一作目の『すべてがFになる』は、数多く存在する国内ミステリの中でもトップクラスの名作である。 主要人物となるのは、N大学工学部建築学科助教授・犀川創平(さいかわそうへい)…

GRAMICCI/グラミチNNショーツ(ニューナロー)のサイズ感とか履き心地について

GRAMICCI/グラミチのNNショーツ(ニューナローショーツ)のサイズ感や履き心地、特徴などをレビュー。NNショーツのサイズ選びに迷っている方の参考にして頂ければ嬉しいです。

赤川次郎さんのおすすめミステリー小説10作品-迷ったらコレから読もう

赤川次郎さんのおすすめミステリを10作品に厳選しようとしていたら、はじめは20作品を超えてしまった。 それほど面白い作品が多いのである。そこから10作品までに絞り込むのは至難の技であった。この記事を書くより時間がかかったし、疲れた。 しかしそのお…

アガサ・クリスティ『そして誰もいなくなった』のオマージュ作品をおすすめさせてほしい

アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』が大好きだ。そしてそのオマージュ作品も大好きだ。というわけで、今回は『そして誰もいなくなった』を意識して書かれた日本のミステリー小説をご紹介させてほしい。どれも『そして誰もいなくなった』好きに…

【傑作選】スティーヴン・キングのおすすめ名作小説ランキング10選

子供の頃からスティーヴンキングが大好きであり、キングの作品は片っ端から読んできた。三度の飯よりキング好きなのだ。 そして出来上がったのが〈スティーヴン・キングのおすすめ名作小説ランキング10選〉である。 おすすめ作品ランキングというより「私が…

歌野晶午さんのおすすめミステリー小説6選+1作品

『葉桜の季節に君を想うということ』で有名な歌野晶午さんのおすすめミステリー小説のご紹介。歌野晶午さんの作品をあまり読んだ事がない、という方はぜひこの中から選んでいただければ幸いです。

倒叙ミステリのおすすめ10選-犯人視点だからこそのスリルを堪能しよう!

『古畑任三郎』のような犯人視点が楽しい倒叙ミステリーのおすすめ作品をご紹介です。世界三大倒叙ミステリの『クロイドン発12時30分』をはじめ、『青の炎』『扉は閉ざされたまま』などの日本の名作もぜひご覧くださいませ。

アガサ・クリスティのおすすめ名作18選〜これだけは読んでおきたい傑作集〜

アガサ・クリスティの絶対に読んでいただきたいおすすめ名作をご紹介いたします。もしアガサクリスティの作品をあまり読んだことがないなら、ぜひこの中から優先的に読むことをオススメします。

初めてのF・W・クロフツ入門。これだけは読んでおきたいおすすめ3作品

F・W・クロフツのオススメ作品をご紹介です。クロフツといえば『樽』があまりにも有名ですが、他にも読んでおきたい作品があります。クロフツの作品を読んだことがない!という方の参考にぜひ。

狂気の女王-シャーリイ・ジャクスンはこれを読もう。おすすめ4選

シャーリイ・ジャクスンのおすすめ作品をご紹介です。シャーリイ・ジャクスンといえば「日常に潜む狂気」の描き方がとても魅力的な作家さん。『丘の屋敷』や『ずっとお城で暮らしてる』などの長編はもちろん、『くじ』『なんでもない一日』などの短編集も面…

密室の王者。ジョン・ディクスン・カーのおすすめミステリ-これだけは読んでおきたい7選

「密室といえばカー」と言われるほどに〈密室殺人〉を扱ったミステリで有名な、ジョン・ディクスン・カーのおすすめミステリ小説をご紹介させていただきます。特に『三つの棺』にある「密室講義」はぜひ目にしておきたいところ。参考にしていただければ幸い…

クリスチアナ・ブランドさんのおすすめミステリ小説4作品。まずはこれから読みましょう

クリスチアナ・ブランドさんのおすすめ作品をご紹介させていただきます。『招かれざる客たちのビュッフェ』や『ジェゼベルの死』『はなれわざ』など数々の傑作を残したブランドさんは、ミステリの黄金期(クリスティやクイーン、カーが活躍した時代)の少し…

【特殊ミステリ】井上夢人さんのおすすめ作品を5作品だけご紹介させて

井上夢人さんとは、『99%の誘拐』や『クラインの壺』といった名作で有名な「岡嶋 二人(おかじま ふたり)」さんのうちの一人。 岡嶋二人というのは、井上泉さん(井上夢人さんの本名)と徳山諄一さんのコンビのペンネームなのである。 『クラインの壺』を最…

まずはコレ。倉知淳さんのおすすめ小説を3つに厳選したよ

猫丸先輩シリーズや『星降り山荘の殺人』で有名な、倉知淳さんのおすすめ作品をご紹介です。ミステリ好きなら絶対にこれだけは読んでほしい!という3作品を選びました。

『ロートビタ40α』は防腐剤フリーで血管収縮剤も入っていないコスパ最強目薬なのだ

防腐剤と血管収縮剤のどちらも入っていないコスパ最強目薬『ロートビタ40α』のおすすめポイントをご紹介。防腐剤フリーや血管収縮剤フリーの目薬を探している方の参考になれば幸いです。

効果は?1500円以上の高い目薬「サンテ メディカル12」を1ヶ月使用した結果

1500円以上の高い目薬「サンテ メディカル12」を使用して実感できた効果などをご紹介。ずばり、目の疲れがひどい方に非常にオススメの目薬だったのです。サンテ メディカル12の購入を検討している方の参考になれば幸いです。

津原泰水さんのおすすめ小説4選。怪奇幻想小説がお好きならぜひ読みましょう

津原泰水さんのおすすめ小説を4作品に厳選しました。「怪奇」「奇妙」「幻想小説」などのキーワードがお好きであれば、ぜひ津原泰水さんの作品を読むことをおすすめします。

怖い話が好きなら『拝み屋郷内 花嫁の家』は必読ですぞ-拝み屋シリーズあらすじ

今ままで読んできた実話怪談集の中で最高に恐ろしかった作品が、拝み屋シリーズの『拝み屋郷内 花嫁の家』である。 実話怪談集とは、著者が実際に見聞きした恐怖体験をまとめた書物のこと。 ホラー小説とは違い「すべて実際に起こったこと」という先入観が余…

今邑彩さんのおすすめミステリを6作品だけご紹介するよ

今邑彩さんのおすすめ作品をご紹介させていただきます。最高傑作と名高い『金雀枝荘の殺人』をはじめとした、本当に面白いミステリを選びました。ホラーとミステリの奇妙な融合をお楽しみください。

鮎川哲也さんのおすすめ小説3選。まずはこれから読みましょう

鮎川哲也さんのおすすめ作品『黒いトランク』『リラ荘殺人事件』『五つの時計―鮎川哲也短編傑作集』を簡単にご紹介させていただきます。鮎川哲也さんの作品を読んだことがない方は、まずはこの3作品から読むことを強くおすすめいたします。

叙述トリックの名手。折原一さんのおすすめ小説8選を語りたい

折原一さんのおすすめミステリー小説をご紹介させていただきます。「叙述トリックの名手」と言われるだけあり、作品の多くには叙述トリックが使用されています。しかし、それがわかっていても騙されてしまうのが折原一さんのすごい所。ぜひ折原ワールドに翻…

【氷菓】米澤穂信さんのおすすめミステリー小説10選を語りたい

『氷菓』『満願』などで有名な米澤穂信さんのおすすめミステリー小説を10作品ご紹介させていただきます。ランキングではありません。ファンタジー、本格、青春、ダークと様々なジャンルのミステリが楽しめるのが魅力。まだ米澤穂信さんの作品を読んだことが…

曽根圭介さんの名作ホラー『鼻』『熱帯夜』をおすすめしたい

後味が悪い話がお好きな方にぜひオススメしたいのが、曽根圭介(そねけいすけ)さんのおすすめ名作ホラー短編集『鼻』と『熱帯夜』である。 今回は『鼻』に収録されている『暴落』『受難』『鼻』の3編のあらすじをご紹介させていただきたい。 いずれの物語も…

まずはコレから。恒川光太郎さんのおすすめ3作品を語りたい【夜市】

恒川光太郎(つねかわ こうたろう)さんのおすすめ小説『秋の牢獄』『夜市』『雷の季節の終わりに』の3作品を簡単にご紹介させていただきます。ホラー小説というより幻想小説に近い魅力的な世界は、恒川光太郎ならでは。ぜひこの奇妙な世界に迷い込んでみてく…

『マリオネットの罠』は赤川次郎さんの最高傑作でよろしいか-感想あらすじ

『マリオネットの罠』は、三毛猫ホームズシリーズなどで知られる作家・赤川次郎さんの処女長編ミステリーである。 本当に数多くの作品を書かれているが、『マリオネットの罠』こそが最高傑作!という方も多い。 実際、わたしもそう思っている(正確に言えば『…

ホラーミステリの傑作「刀城言耶シリーズ」の読む順番とかあらすじを語りたい

刀城言耶シリーズとは、ホラーとミステリーが見事な融合を果たす三津田信三さんによるミステリシリーズ。 怪奇幻想作家・刀城言耶(とうじょうげんや)が、行く先々で起こる奇怪な事件を解決していく、というものである。 ポイントは、ホラー風のミステリでも…

平山夢明さんのおすすめ作品7選を語りたい。異次元の狂気をご覧あれ

平山夢明さんのおすすめ小説を7作品ご紹介させていただきます。グロい・痛い・気持ち悪い・の三拍子揃ったお話が魅力的。まずは『独白するユニバーサル横メルカトル』から。狂気的な物語がお好きであればぜひ読んでみていただきたいです。

小林泰三さんのおすすめ小説7選。狂気に満ちたSFホラーの真骨頂

『玩具修理者』などで有名な小林泰三さんのおすすめ小説のご紹介。小林泰三さんの作品を一言でまとめるなら「狂気的SFホラー」である。しかもホラーと言っても「おばけが怖い」という感じではなく、グロと狂気が入り混じり、精神的に気持ちが悪くなる怖さな…

静けさと狂気。赤川次郎『黒い森の記憶』はサスペンス小説の傑作である

赤川次郎さんの最高傑作といえば『マリオネットの罠』だ!という声も多いだろう。確かに私もそう思う。 しかし、この『黒い森の記憶』という作品も決して忘れてはいけない。 赤川次郎さんの最高傑作は?と聞かれたら、私は『マリオネットの罠』か『黒い森の…

小麦食品をやめれば体の不調が治るかも?-『長生きしたけりゃパンは食べるな』から学ぶ

現在は私はあらゆる体の不調に悩まされている。 主に肩こり、疲れ目、鼻炎、なかなか寝付けない、夜中に何度も起きてしまう、肌荒れ、やる気が起きない、友達が少ない、外に出たくない、などである。 本書『長生きしたけりゃパンは食べるな』は、そんなあな…

食べ物小説の名作『東京すみっこごはん』をちょっと紹介したい。

この世の中に「優しい気持ちになれる小説」「心が温まる小説」というのは多く存在するが、その中でも『東京すみっこごはん』は間違いなしの名作である。 美味しいごはんを食べて、優しい人々と触れ合って、少しづつ成長していく。 そんな「お決まりパターン…

一流の「マイルール」を学び幸せに生きる-『なぜジョブズは、黒いタートルネックしか着なかったのか』

『なぜジョブズは、黒いタートルネックしか着なかったのか』というタイトルなので「ジョブズに関する本かな?」と思うかもしれない。 しかし実はそうではない。 この本には、一流の人たちが行っていた幸せに生きるための「マイルール」が28個も詰まっている…

これが「本物」。澤村伊智さんの新作『恐怖小説 キリカ』は本当にやばいヤツでした

ホラー作家・澤村伊智(さわむらいち)さんの3作目『恐怖小説 キリカ』が発売した。 デビュー作『ぼぎわんが、来る』、2作目の『ずうのめ人形』のどちらも面白かったので非常に期待していた今作。 それだけにハードルが高かったのだが、見事に期待を超えてきた…

綾辻行人未収録作品集『人間じゃない』が発売-『人形館の殺人』の後日譚もある贅沢な一冊。

綾辻行人さんの『人間じゃない 綾辻行人未収録作品集』が発売された! タイトルの通り、綾辻さんの単行本未収録作品が5編収められた作品集となっている。つまり綾辻さん好きにはたまらない作品ってわけだ。 早速ではあるが、収められている五作品がどんなも…

「覆面作家シリーズ」のお嬢様・千秋のキャラクターはやはり逸材-『覆面作家は二人いる』

著者の北村薫(きたむらかおる)さんといえば「円紫さんシリーズ」というミステリ作品でおなじみだが、こちらの「覆面作家シリーズ」もぜひおすすめしたい。 「円紫さんシリーズ」と同じく〈日常の謎〉をメインとしたシリーズなのだが、登場するキャラクターた…